MENU

背中ニキビはお肌が乾燥するからできる?じゃあ保湿したら改善するのか

 

背中ニキビは肌が乾燥した状態よりも、保湿された状態のほうが発生しにくいです。

 

皮脂が原因で背中ニキビが発生すると考える方は多いですが、乾燥も関係しているのです。

 

日焼けした部位は肌荒れが起こりやすくなるように、乾燥はあらゆる肌トラブルの引き金となります。

 

お肌が乾燥しているとバリア機能が弱くなるため、背中ニキビができやすくなるわけです。

 

これを改善させるためには、保湿を徹底するしかありません。

 

十分な保湿をしておけば、確実に背中ニキビは発生しにくい状態となります。

 

背中の状態は確認しにくいですが、顔に近い状態にあると言われています。

 

顔のお肌がオイリーならば、背中もオイリーだと考えていいでしょう。

 

また首がベタベタする方も、背中がオイリーになりやすいと言われています。

 

オイリーの状態は皮脂が多く存在するわけですから、背中ニキビは発生しやすくなります。

 

オイリーと乾燥肌は紙一重であり、過度の乾燥によって肌バランスが崩れることでオイリーになることも多いです。

 

肌がカサカサしている方は、お肌を整えるための保湿ケアが必要となります。

 

セラミドを配合した保湿液を使用して、背中に潤いを与えていきましょう。

 

背中ニキビは慢性化しやすいので、初期の状態のうちから改善させる必要があります。

 

目で確認しにくい部位なので、こまめに触って様子を確認してみるべきでしょう。

 

特に夏場は発汗量が多く、他の季節よりも背中ニキビが発生しやすい傾向があります。