MENU

背中ニキビを皮膚科で治療する場合、保険診療になるのか?価格はどれくらい?

 

背中ニキビがあると、水着や背中の開いた服を着こなすことができず、自分に自信が持てなくなります。

 

軽い症状なら、自分でケアもできますが、重症化してしまった場合は、皮膚科での診察をおすすめします。

 

皮膚科ではどんな治療をおこなうのでしょうか。

 

背中ニキビで治療を受ける場合、内服薬、塗り薬、面皰圧出、ピーリング、レーザー、フォトフェイシャル、イオン導入、ホルモン治療が受けられます。

 

ただし、この中で保険適用で受けられるのは、内服薬、塗り薬、面皰圧出の3つになります。

 

比較的症状が軽い場合はこの保険診療の治療で充分な効果を発揮します。

 

保険が適用される塗り薬や飲み薬は大体1回2,000円前後なので、安価に受けることができます。

 

治療期間は約3ヶ月程度となっていますが、人によってはもっと長くかかる場合もあるので、トータルの金額は人それぞれです。

 

保険適用外の治療は効果はとても高いですが、価格も高価なものが多くなってきます。

 

保険適用外なので、医院によって差がありますが、どれも一度で数万円かかり、何回通うことになるかは個人によりますので、結構な金額になってしまいます。

 

ニキビの根本的な原因は毛穴の詰まりですが、毛穴を詰まらせる要因はストレス、食生活、生活習慣などさまざまです。

 

できてしまったニキビを治療すると同時に、ニキビができやすい生活習慣を改善する必要があります。

 

今あるニキビを治すと同時にこれ以上作らない努力をすることが大切です。